どちらのエネルギーもエネルギー

April 21, 2018

 

 

今日はボクの大事なメンターであり

いつも、お前は
もっと世に出なアカンと

適切な時に、声をかけてくれ、
様々なことを気づかせてもらえ

時には怒られたり、

励まされたり、


オレゴンの叔父貴と

慕わせていただいている

吉田潤喜さんの成功してしまう
人生を紹介させてください。

もしかしたら、
あなたにとっての
人生のヒントになるかもです。

僕は経営コンサル業界に
携わる一方で催眠技術士でもあるので、

無意識に暗示形式の文章に
なっているかもしれませんので、

読んでいるだけであなたの
意識が自然と変わるかも
しれません。

しかもビジネス的に
上手くいく視点や時代感も
盛り込んでいます。

今日もこうして、あなたと
繋がることができ光栄です。

そんなことを意識してか
意識しないか、ブログを書いています。

そう、ここ最近はラインで
毎日、セルフイメージが

高まるようなメッセージをお届けしています。

 https://line.me/R/ti/p/%40mud1486q 

無料ですのでお気軽に登録くださいね。

あっさり読めて
なかなか良いですよ^_^

 

朝ニュースをみるような
感覚でお楽しみください。

さて、登録は終わりましたか^_^

強制でなはいので悪しからず。

でも何かを感じたなら、
登録いただくと嬉しいです。

https://line.me/R/ti/p/%40mud1486q 

登録してしまえば
解約するのも簡単です。

その吉田潤喜さんですが、

ご存知の方もいるかと思いますが

潤喜さんは、アメリカで
ヨシダソースという会社を経営し
大成功を収めた経営者です。

 

出会ったのは10年ぐらい前^_^衝撃でした
 

イチローよりも有名な
日本人として知られ

不法滞在者から

オレゴン州知事の経済顧問や
オレゴン警察のカラテ技術指導者となり

経営者としても大成功

合計28社を創業し、
一部は企業売却、

現在18社グループ
280億円企業の会長として活躍

すごい!

ニューズウィークでは
『世界で最も尊敬される日本人100人』に選ばれる。

 

うそみたい!

そんな潤喜さんですが、

40年前、500ドルと
鞄ひとつでアメリカに渡ったのが
大成功への第一歩でした。

何事も最初の一歩を
踏み出すことは大切ですね^_^

帰国便のエアーチケットを売った
お金で買った車の中で暮らし、
公園で体を洗う日々が続いていたそうです。

破天荒!

あこがれの
アメリカで何かがしたい!

アメリカで成功したかった。

アメリカで勝負したかった。

持っているものは
想い(パッション)だけだった。

人はなんでも持てるものです。

幼少のころに片目の視力を失い、
壮絶なイジメにあい、その悔しさから

今にみてろ!という気持ちを
原動力に10代はカラテに夢中になり、

20代でアメリカに渡り、
不法滞在で逮捕され、

釈放に尽力してくれた
アメリカ人の気持ちに応えたく
一念発起。

なにクソ! 負けたくない
クソッタレ! コンチキショウ

今にみとれ、
こんな世の中おかしいやないか!

いつか見返してやる。

俺のことをバカにしたやつ
絶対にリベンジや!

成功して見返してやる

という誰もがもつ
自分の中から湧き出る
負のエネルギーを上手に使っています。

潤喜さんは、これを
ポジティブリベンジという
言葉を使っています。

負のエネルギーは、
エネルギーという点では

プラスのエネルギーと
同じパワーがあります。

つまりエネルギー量としては
変わらないんですね。

性格にもよりますが、

どちらのエネルギーが
自分にとって出しやすか、

あなたは、どちらでしょう?

負のエネルギーを
得意としている方は

ここからが重要です。

そればかり使っていると

あまりのエネルギーに
ダークサイドに飲みこまれて
しまいます。

潤喜さんは、負のエネルギーで
何かを得た後は必ず、社会貢献で
恩返しするのです。

シーソーで遊ぶことは
誰でもできますよね。

病院への寄付や募金活動。

毎年、夏に自宅で開催される
癌のチャリティーパーティーでは
ご自宅に6000人が集まり、
そのチケット代を全額寄付。

オレゴン中の財界人を巻き込んで
開催12年目で、そのチャリティー
パーティの日が州公認の
癌チャリティデイになってしまうほどです。

こんな大きな社会貢献でなくても
自分なりのことは誰にでも可能です。

そして、それは最初はとても
小さいが徐々に多くの方を
巻き込んでいくものです。 

 

今日のキーワードは、

 

負のエネルギー

正のエネルギー

巻き込む力

社会に恩返し

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事