top of page

マインドフルネスと催眠


催眠療法

グーグルやアップルなど

アメリカの先端企業では

マインドフルネスや瞑想を

日常に取り入れ、セルフケアの

一環として実践しています。

マインドフルネスや瞑想の効能は、

評価や価値判断にとらわれることなく、

今この瞬間に意識を向け、

ストレスの軽減、

脳の活性化、生産性の向上、

創造性の発揮などが上げられる。

私はこれからの働き方や生き方、

ウェルネス情報、各種セラピーの体験、

もちろん最新のビジネス研究も含めて

日本の先を行っている国に

定期的に行くようにしている。

ここ数年はアメリカを中心に

観光では見えてこないリアルな

アメリカの先端企業視察を行っている。

理由はごく単純で日本の

10年先を行っていると思っているからだ。

実際にグーグルのオフィスでは

ヨガや瞑想をおこなっていた

社員が当然のようにいたし、

就業中オフィス内に

併設されているジムで

体を鍛えていた社員もいた。

就業規則も、それらにあった

ものに成っていた。そして、

これらは日常の風景としてそこにあった。

働くうえでの余計なストレスを

なるべく無くす取り組みである。

オレゴン州に本社があるナイキ社でもそうだ。

自由な空気がオフィス内にあり、

そして働く従業員からは、

自由とプロフェッショナルを

感じたのを強く記憶している。

このあたりの、坂上コウが見た

アメリカの今、すでに起きている

新しい働き方は改めてブログに書きたいと思う。